アクセス数を増やす書き方やうまく書くコツは読者目線!【ブログの成功技術】

スポンサーリンク
利益率爆上げの方法はこちら
アフィリエイトの収益率を爆上げする方法はキラーページを作ることだった!
Kindleを快適に使う方法はこちら
本棚が手帳やノートサイズに!Kindleデビューしました【使い始めた感想】
iPadが本やメモ帳に早変わりする劇的アイテム!【iPad周辺アイテム】

せっかくブログを書いているのだからたくさんの人に見てもらいたい…そう思っているけど伸び悩んでいる…という人は多いのではないでしょうか?

読者は自分の「悩み」を解決してくれるサイトでなければすぐに戻るボタンを押して他のサイトに移動してしまいます。
読者の「悩み」を解決することがアクセス数を伸ばす一番の近道です。

僕も同じ事に悩みいい本と出会ったので、この記事ではそんな悩める方を対象にブログのアクセス数を増やし、多くの人に読んでもらえるような記事にする為のコツを紹介しようと思います!

↓方法論が知りたい方は”心構えの段落”まで飛ばしてください!

本の紹介

僕が読んだ本はこちら!
「ブログの成功技術」という本で実際に月間16万PV、企業のサイトで年間1億円以上の契約ができるほどサイトを成長させた実績がある方が書いた本です!
Kindle Unlimitedなら月額で読み放題なのでお得に読めます!

本の評価

75点!

すごくタメになるサイト運営のコツが詰まっていて初心者でも分かるように実用的な方法論がたくさん書いてあった良書でした!

アクセス数の増やし方、心構え、著作権など難しいことも含めた正しい引用法、文章力を上げる方法など初心者に優しい本でした。
ただ少し著者がマッチョなメンタルの方で少し読むのに体力が入りましたね(^^;;)

心構えが重要

ブログを書く上で初心者がやってしまいがちなミスが「ブログを見てほしい」願望が全面的に出てしまい独り善がりな記事を書いてしまう事です!

ブログに来る人は悩みを解決するために「検索」という手段を選んでいるだけで書いている人に興味があるわけではない…

ゆえに、読者の「悩み」を解決する情報を提供することだけを考えることを肝に銘じておく必要があります!

 

もう一つ意識しなければならないことは読者はすぐに戻るボタンを押せてしまうということです!

少しでも役に立たないな、読みたくないなと読者が感じたらすぐ違うページに行ってしまうということを意識したら怖いですよね😢

しかし実際にそう言ったことは起きます。ブログの平均セッション継続時間を見るとたった数秒という悲しい出来事もあったりします。

最後まで読んでもらうためには「悩み」を解決してくれて読みやすいサイトでなければいけません。

細部までこだわりより良い記事を書けるようにしましょう。

 

記事の基本構造

記事を書くときは基本的な構造を守らないと読んでもらえません。「記事のタイトル」「書き出し」「本文」と意識するポイントがあるようなので順を追って説明していきましょう!

記事タイトル

記事のタイトルはまず読者が目にするモノです。

少ない文字数でキーワードを入れて、記事を読んだらどのような利益を得られるかを明確に書く必要があります。また具体的な数字があるとより明瞭に読者が得られる利益を表現できます。

 

書き出し

書き出しでは読者の気持ちを理解していること、読者に対して問題定義し読者の知りたいことを明確にしなくてはなりません!

 

キーワード設定のコツ

多くの人に読んでもらうためにはキーワードの設定も重要なポイントです。

顕在的ニーズ:ハッキリと言葉にできる欲求

潜在的ニーズ:「こんな情報があったらいいのにな…」と言ったように言葉にできない内なる欲求

「ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極のガイドブック ブログSEOの入門書:個人ブロガーが勝てる唯一の戦略」より引用

 

ブログであれば「アクセス数 増やし方」が顕在的ニーズで、「もっと読んで欲しい」「ブログを有名にしたい」といった潜在的ニーズが言葉の裏にあるはずです。

表面的な感情の奥にある真意を意識して「検索意図」を考えキーワード選定することがコツです!

 

キーワードプランナーを使ってみよう!

それを踏まえた上でキーワードプランナーを使いキーワードを設定していきましょう!

Google – キーワード プランナー

 

ログインして「新しいキーワードを見つける」をクリックするとキーワード選定に役に立つ画面が表示されます。

 

これはこの本ではなくたサイトによる引用ですが

  • ビッグワードは狙う価値無し
  • 初心者はキーワード3つで攻めよう
  • 100,000〜1,000,000未満の検索数で修行するべき
  • googleサジェストでキーワードを集めよう
  • キーワードプランナーを使いこなそう
  • similarWEBで良質キーワードを盗め

【実例解説】アフィリエイトキーワード選定は3分で完了【無料ツール紹介】より引用

 

ペルソナを設定しよう!

ペルソナとは

ペルソナとは、企業や商品の典型的なターゲットとなる顧客像のことです。ペルソナで定められる顧客像には、氏名や年齢、居住地、職業、年齢、価値観やライフスタイル、身体的特徴までのかなり細かい情報が盛り込まれます。

https://ferret-plus.com/words/2080より引用

とのこと…

 

どんな人が読んでくれるかを考えることはやっぱり重要ですよね!

この記事であれば、ブログが伸び悩んでいてアクセス数を増やしたい、もっと多くの人に読んで欲しいと思っている人に向けて記事を書く事を意識して書くことが重要ですね!

 

記事を書く前にペルソナを設定して書きましょう!

ペルソナの気持ちや立場を想像することで、より必要とされている情報が明確化され読者の「悩み」に寄り添った記事が書けるようになるはずです!

 

アウトラインを考える

目次を最初に箇条書きのように書き、記事の大まかな流れを決めることで書きたい内容を見失うことなく書けると思います!

読者としても記事の結論がブレていると読んで損した気分になってしまいます。そう言った事をなくすという意味でも重要なテクニックです。

 

僕は書いている途中で飽きてしまうことがあり尻つぼみな記事になってしまうことが多いので一番参考になったかな…

 

また豆知識として、仕事や勉強でも大まかにやってから細部にこだわっていくというやり方はより効率的にやる方法として多くの書籍で見るテクニックです。

 

引用・参照のやり方

引用や参照のルールを守らないと最悪の場合訴えられてしまうこともあるのでルールをしっかり守りましょう。

僕も本を読んだだけで詳しくはないので詳しくは今回紹介している「ブログの成功技術」を読んで欲しいのですが、

四角い枠で囲み前後に””を書き引用している部分がわかるようにして

文字を引用する場合は〇〇より引用

画像を参照する場合は参照:〇〇

といった具合で必ず表記する必要があります。

またサイトから引用・参照する場合はリンクを貼りましょう

 

他にも話の流れに沿った引用であること、引用部分が多過ぎないこと→記事全体の1割未満(目安)であることなど当然のことも含めてあるのでしっかり守りましょう

 

まとめ

本の内容をあくまでもザックリですが紹介していきました。お役に立てたでしょうか?

自分もまだまだ初心者で自分が知りたいから調べたというのが本音ですが、読者に寄り添った記事を書くことがブログを書く上で一番重要なのではないかと感じました。

要点を抑え知識を活かしていけば効率的にブログを成長させていけると思います!

皆さんもぜひ参考しにてください!

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ロムの趣味ブログ - にほんブログ村

↓ブログ運営サイトオススメ
  
  
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─ 

 

利益率爆上げの方法はこちら
アフィリエイトの収益率を爆上げする方法はキラーページを作ることだった!
Kindleを快適に使う方法はこちら
本棚が手帳やノートサイズに!Kindleデビューしました【使い始めた感想】
iPadが本やメモ帳に早変わりする劇的アイテム!【iPad周辺アイテム】

 

コメント

  1. pgslot99th より:

    Your style is very unique compared to other people I have read stuff from.

    I appreciate you for posting when you have the opportunity,
    Guess I will just book mark this web site.

  2. What’s up it’s me, I am also visiting this web page daily, this web page
    is truly pleasant and the people are truly sharing good thoughts.

    My webpage http://www.lubertsi.net

  3. There is obviously a lot to identify about this. I believe you made certain nice points in features also.

    Here is my blog post :: http://www.craksracing.com/

  4. […] […]

  5. […] […]

タイトルとURLをコピーしました