自転車×原付【ペダル付きEVバイク】がさらに乗りやすく法改正されたよ!

モペット(フル電動自転車)|ミニベロE-BIKE
スポンサーリンク

僕の少ない記事の中でも(記事数もPV数も…)、割と人気の話題が自転車×原付【モペット】の記事です!

今回はモペットにまつわる法律の話題があったので記事にしていこうと思います!

 

人気モペット「glafit」が特例扱いになった!

 

記事を見てみると、

モペットは法律上原付扱いで免許携帯、ヘルメット着用、車道を走行する必要がありますが、glafitバイクに限ってはナンバーを隠して電源オフで自転車として扱えるということのようです!

 

また他メーカーのモペットも追ってナンバーを隠し電源オフで自転車扱いになるかという話題では

・自転車走行時、モーターを容易に使えない構造であること
・自転車走行時、そのような状態であることが外観上明確であること
・乗車しながら切り替えられないこと

そのため、この3つがクリアされるのなら他モデルでも認められる可能性が高いとのことでした。

とのこと…

コロナ禍で話題の自転車×原付き【モペット】が気になる!

自分が買ったモペットが法改正の対象になるか不安だ…

僕は以前記事で書いたが、【ALISTA HYBRID】という製品をクラウドファンディングで注文し、12月に届く予定だ…

果たして対象になるだろうか…

 

ペダル付きEVバイクでは①自転車走行モード、②原付モード、③電動アシストモード(ペダルを漕いで電気の力で走れるハイブリッドモード)と3種類の走行方法があるものが多い

「ALISTA HYBRID」も3種類の走行方法を選べるので大丈夫なはずなのですが、法改正がいつになることやら…

クラウドファンディングで自転車×原付【モペット】注文したよ!

 

glafitバイクなら手軽に速くどこでも行ける!

まあ僕の嘆きは置いておいて、”glafit”なら自転車モードなら法律上自転車扱い、原付モードなら法律上原付扱いで乗れるようになった!

軽い車体でも飛ばしても大丈夫な場所では原付モードで、車の通りが多く少し不安だなっと思ったら自転車モードに切り替えてゆっくり運転できる!

 

現在、手軽さ、自由度、速さ、維持費の安さなどのバランスを考えたら、近所で使うなら最強の乗り物がglafitバイクと言っても過言では無い!

ペダル付EVバイク(今後は名称を統一していかないとな…)の中でも一番人気の製品で

折りたたみ可能で、電動アシスト自転車とあまり重さも変わらない18Kg、更に調べてみるとglafitは前後のカメラやリアキャリア等付属パーツも豊富なのでカスタムも出来るようだ…

 

ちょっとglafitも欲しくなっちゃうな…

気になった方は是非調べてみてください!

 

おまけ

glafitのホームページで近日発表という項目があり、情報を受け取れるようにメール登録のフォームがあった(まあTwitterをフォローしてるから登録しなくても良かったんだけど…)

また何か情報がありましたらお知らせしようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ロムの趣味ブログ - にほんブログ村

 

本棚が手帳やノートサイズに!Kindleデビューしました【使い始めた感想】

↓ブログ運営サイトオススメ
  
  
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました