器用な人は20時間で習得出来る【たいていのことは20時間で習得できる】

3.0
スポンサーリンク
↓上達のコツ
成長し続ける人は「常識を疑う」特徴があった。ギネス記録のプロ・ゲーマー【勝負論ウメハラの流儀】
「お金の使い方」次第で究極の自由な生活が手に入る?「人生攻略ロードマップ」
どの職業にも当てはまる効率的な働き方を統計で調査!「GREAT@WORK効率を超える力」

「何か新しいことに挑戦したいけれど時間が無いし、習得する自信がない…」と二の足を踏んでいる人は多いのでは無いでしょうか?

学生時代クラスに一人”なんでも器用にこなせてしまう人”がいたというのはよく聞くあるあるですが、自分がもしそんな人になれたら夢が広がりますね!

 

今回は「たいていのことは20時間で習得できる 忙しい人のための超速スキル獲得術」という本から超速でスキルを習得する技術を紹介しようと思います。

趣味や仕事に活かせるスキル獲得に役立てていただければ幸いです!

 

本の紹介

  • たいていのことは20時間で習得できる 忙しい人のための超速スキル獲得術
  • Kindle価格1782円

超速でスキルを習得するコツは前半に全て書いてあって、後半はヨガやプログラミング、囲碁、ウクレレなど著者の方が習得したスキルの実例が書いてあります(8割くらい実例)

実例は自身が興味ある分野だけ読めば良いかな?といった感じでした。僕は内容次第で読み飛ばしてもいいと思っているタイプなので、1日で読めました。

・何かスキルを習得したい人・自分は不器用だと感じる人
・沢山スキルを習得したい人にオススメ

「8割も読み飛ばす本買いたく無いよ」という方もいると思うので、そちらの方には

メンタリストのDaiGoさんが進めているこちらの本がいいかもしれません。

 

要約

  1. 魅力的なプロジェクトを選ぶ
  2. 一時に1つのスキルにエネルギーを集中する
  3. 目標とするパフォーマンスレベルを明確にする(自分がなりたいレベルを考える)
  4. スキルをサブスキルに分解する(苦手な部分を反復)
  5. 重要なツールを手に入れる
  6. 練習の障害を取り除く
  7. 練習時間を確保する(1日90分がいいとのこと)
  8. すぐにフィードバックが返ってくる仕組みをつくる(アドバイスをくれる人など)
  9. 時計のそばで一気に練習する
  10. 量と速さを重視する

「たいていのことは20時間で習得できる 忙しい人のための超速スキル獲得術」より引用

基本項目はこんな感じ!作業を分解して反復練習

成長し続ける人は「常識を疑う」特徴があった。ギネス記録のプロ・ゲーマー【勝負論ウメハラの流儀】でも紹介しましたがプロレベルの人でもやる手法のようですし、やはり重要なようですね!

また気が散る要素を排除して短期間で一気にまとめて習得する方がいいようですね!

 

リサーチの段階でいくつかの情報源から共通して語られているような要点を抑えておくと習得スピードは上がるようです!

 

実践

  1. 興味あるものを選び、目標を明確にする
  2. リサーチは入念に行って、要点を抑えておく
  3. 作業を分解して反復練習
  4. 邪魔なものを排除し短期間で集中する
  5. 量と速さを意識し、フィードバック

何かをチャレンジする時は意識してみてください!

 

まとめ

この記事を読んで少しでも自信をつけてもらえたら幸いです!新しいことにチャレンジしたくなったら思い出してみてください!

超人化計画 - にほんブログ村
↓上達のコツ
成長し続ける人は「常識を疑う」特徴があった。ギネス記録のプロ・ゲーマー【勝負論ウメハラの流儀】
「お金の使い方」次第で究極の自由な生活が手に入る?「人生攻略ロードマップ」
どの職業にも当てはまる効率的な働き方を統計で調査!「GREAT@WORK効率を超える力」

コメント

タイトルとURLをコピーしました